ZEH住宅とは?

注文住宅を建てることを考えている人であれば、一度は耳にしたことがあるかもしれない言葉が「ZEH住宅」です。

ネットゼロエネルギーハウスとも言いますが、英語表記(Zero Energy House)の頭文字を取ってZEHと表記し、「ゼッチ」と発音します。

ZEHの定義としては、住宅の断熱性と気密性を高めることで、省エネ性能を高めて、同時に太陽光発電などでエネルギーを創出(発電)し、年間の一次エネルギー消費量(空調・給湯・照明・換気等)の収支をプラスマイナスゼロ、またはプラスにする住宅です。参考:Q値とUA値で簡単に家の性能が分かる

2015年12月に経済産業省が新しい定義を定めたため、断熱性・省エネ性・エネルギー創出(発電)の3つのバランスが高いレベルで取れていないとネット・ゼロ・エネルギー住宅(ゼロエネ住宅)とは呼べないことになりました。

2030年に新築住宅の過半数がZEHになることを目指すことが閣議決定されていますので、今後は新築住宅を建てる際にはZEH住宅がスタンダードになっていくでしょう。

日本は、先進国としては、住宅の省エネ化が遅れており、2011年になってようやく国土交通省が省エネ基準を定めました。

2020年に省エネ義務化が定められているために、一定の基準を満たした建物には税金が優遇され、2020年以降は新省エネ基準を満たさない建物の建築は認められなくなります。

ただ、この新省エネ基準は、ドイツで1990年代くらいに定められていたような低い水準です。

2030年以降には、建築時、運用時(居住期間)、廃棄時の各段階で、できるだけCO2削減に取り組み、トータルでCO2の収支をマイナスにする「ライフサイクルカーボンマイナス住宅(LCCM住宅)」への切り替えが目標とされています。

このように、住宅に求められる性能(耐震性、耐久性、断熱性、気密性など)は年々厳しくなっていくために、住宅を建築する時点での基準を元に考えていると、数年後には、すっかり基準を満たさない古い建物ということになり資産価値が大幅に減少します。

日本の省エネ推進法は、新しい基準が一般に浸透し始めた段階で、さらに厳しい基準に引き上げるという繰り返しです。

新築で住宅を建てる時には、できるだけ将来の基準を見据えて、それを満たすような住宅を建てることが望ましいのです。

今の段階で言えば、最低でもZEH住宅を建築することが望ましいです。

そこで、このホームページでは、ZEH住宅を建てるのにオススメのハウスメーカーや工務店を紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です